My Photo
無料ブログはココログ

楽天


« 平成16年10月5日(火) 乾杯 | Main | 平成16年10月7日(木) サーカス »

October 07, 2004

平成16年10月6日(水) 葛西善蔵

「生活の破産、人間の破産、そこから僕の芸術生活が始まる」

ぽつねんと机の前に坐り、あれやこれやと考へて、思ひふさぐ時、目分を慰めてくれ、思ひを引立ててくれるものは、ザラな顔見知合ひの人間よりか、窓の外の樹木---殊にこのごろの椎の木の日を浴び、光りに戯れてゐるやうな若葉ほど、自分の胸に安らかさとカを与へてくれるものはない。鎌倉行き、売る、売り物、三題話のやうな各々の生活---土地を売つた以上は郷里の妻子のところに帰るほかない。人間墳墓の地を忘れてはならない。椎の若葉に光りあれ、僕は何処に光りと熱とを求めてさまよふべきなんだらうか。我輩の葉は最早朽ちかけてゐるのだが、親愛なる椎の若葉よ、君の光りの幾部分かを僕に恵め。『椎の若葉』

葛西善蔵が好きで週末は必ず鎌倉・建長寺に行った。宝珠院は立ち入り禁止になっていたけれど、強引に上がっていった。それから、三宿、本郷、弘前、碇ヶ関、日光湯元温泉、帯広、芦別・・・とゆかりの地を訪れた。刹那的な生き方への憧れ。それだけではない気もするけど・・・この先自分はどうなっていくのだろうか。。。

「秋ぐみの紅きをかめば酸くしぶくタネあるもかなしおせいもかなし」
「白根山雲の海原夕焼けて妻し思へば胸痛むなり」
「椎の若葉に光あれ 親愛なる 椎の若葉よ 君の光の 幾部分かを 僕に恵め」

『一輪咲いても花は花-葛西善蔵とおせい』 著者:古川智映子 出版社:津軽書房 2003年06月

« 平成16年10月5日(火) 乾杯 | Main | 平成16年10月7日(木) サーカス »

「平成断腸亭日乗」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32300/7398755

Listed below are links to weblogs that reference 平成16年10月6日(水) 葛西善蔵:

« 平成16年10月5日(火) 乾杯 | Main | 平成16年10月7日(木) サーカス »

June 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アヒルちゃん