My Photo
無料ブログはココログ

楽天


« 空 | Main | GW終了 »

April 30, 2017

われわれの運命

風邪ひきから体調がすぐれない状態が続き、もっぱら家に引き篭もり。
ひたすら勉強。
ちょっと体調が悪いとまた再発しているのかなあと不安がつのる。
後鼻漏の症状がまた出てきたのでチクナインという蓄膿症の薬を続けて飲んでみた。
症状が少し落着いたようである。

色々悩んだ。病気になってもう普通に働けないのかなあって。
自分のプライドもあった。自分の過去とプライドは捨て去らないといけない、と決心。

4月23日(日)
枚方のビオルネ前で開催されたパンマルシェvol.2に行ってパンを物色。
今回は12店舗が参加。長尾から来ているという「ベーカリーファースト」には人だかりができていた。どの店も飛ぶように売れていて大賑わい。
パンを購入後何度かランチに利用していた枚方市駅前の「すあん」というお店に寄ったら3月31日で閉店の貼紙が貼ってありショック。1280円というお手頃な値段の「おばんざいバイキング」がよかったんですけどね。かわりに枚方T-SITEにある「農場ものがたりレストラン モクモク」のバイキングにする。三重県伊賀のモクモク手づくりファームの直営農場レストランというだけあって、ものがいいし品数も豊富(その分「すあん」のバイキングより高いが…)。枚方に来たら今度から昼食はここにしよう。

H1704241

4月24日(月)
BS12 トゥエルビで「キューポラのある街」(昭和37年 日活)見る。
「BS12 トゥエルビ」というチャンネルがあることすら知らなかった。
北朝鮮との関係が緊迫している中での放送。差別的な会話で音が消されている部分もあった。映画で描かれている北朝鮮帰国運動も今の北朝鮮の現状を見ると批判されてしかるべきだが、北朝鮮が違う方向に進んでいて本当に「地上の楽園(ユートピア)」が実現していたとしたら、この映画の評価も変わっていたのだろうなあと。
映画を見た後『キューポラのある街 評伝早船ちよ』(関口安義 2006年11月 新日本出版)を読み直す。

4月25日(火)
NHKのニュースウォッチ9で尾崎豊の幻の音源が見つかったとの特集「没後25年 尾崎豊 知られざる“素顔”」をやっていた。
私と同い年の尾崎豊が亡くなってから25年目の命日か。
25年前の尾崎が死んだというニューユが流れた日の朝のことを思い出す。

番組中、有馬嘉男というキャスターがえらい熱く語るなあと思ったら彼も1965年生れで同い年とのこと。YouTubeで私の好きな「ロザーナ」を久し振りに聞いていると、THE YELLOW MONKEYが最近新曲「ロザーナ」を出しているのを知った。吉井和哉も同世代で一つ年下。

4月13日に放送された「SONGS「尾崎裕哉~父の影 息子の光」」では息子の尾崎裕哉が歌う「27」を聞いた。いい曲ではあるのだけれども父とは何か違う。「靭公園 MUSIC FESTA」(2015年10月3日)で歌った際の「シェリー」のカバーは良かったのだが、オリジナル曲になると彼の生まれ育った環境が見え透いてくるためかインパクトが弱く感じてしまう。

本棚の尾崎豊コーナー。

O1704251

4月25日(火)
朝鮮人民軍の創設記念日。北朝鮮との間で一触即発の緊迫感が高まる。

「日本は戦争で敗戦を経験した国、原子爆弾の被害を経験した唯一の国である。」ということが省みられないアメリカに追随した閣僚による発言、行動が多く非常に残念というか悔しいし悲しい。

堀田善衛が『われわれの運命≪朝霞・立川の記≫というルポタージュを昭和27年に発表している。
安倍さんやトランプさんにも読んで欲しい。

「どうも、われわれはいまだに莫大な税金を食う軍隊というものが、本質的には何を、そして誰を守るためのものであるか、ということがはっきり合点されていないのではないか、そういう風に思えます。われわれは骨身に沁みる経験をしたはずですが……ここで軍隊というのは、ある特定の軍隊をいうものではなく。軍隊一般についてです。
 軍隊ないし軍隊的なものは、いかかるかたちのものにしろ、その絶対多数は、つねに庶民階級から徴募され、構成されるのですが、にもかかわらず、いまだかつて軍隊が庶民階級を守ってくれたためしを私は知りません。前の戦争で、旧日本軍隊は一体、何を、誰を、守ってくれたか。庶民は召集され、盲滅法に送り出され、焼かれ殺される以外に、果して守ってもらった経験をもっていますでしょうか。武器というものも、直接それを手にしている者を守るというよりも、それはつねに、その武器を持たせた者を守るもののようです。武器は、それを自ら汗して製造した人をさえ、守ってくれません。そのことも、われわれは前の戦争を通じて骨身に沁みて知ったはすではなかったのでしょうか。
 われわれはいつだって丸裸なのだ。過去もそうでしたし未来もまたそうでしょう。自分で自分を傷つけ或は殺す結果になると承知しながら、武器を持つ--そういう背理を人類は長く続けて来ました。そしてこの背理性を消滅させるよりも先に、人類全休を消滅させるにたる、超戦争犯罪的武器が出来上りそうな気配が。こんにち顕在しています。」

4月27日(木)
淀屋橋事務所。湯快のゆ寝屋川店でリフレッシュ。回数券使用。湯元一丁ねや寿の湯からリニューアルオープンした当初は人でごった返していたのが、目玉の格安バイキング(昼食 平日880円)も先日終了し、元の静けさに戻ってしまった。

世間ではGWに突入。特にこれといって予定なし。

« 空 | Main | GW終了 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32300/65217220

Listed below are links to weblogs that reference われわれの運命:

« 空 | Main | GW終了 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アヒルちゃん