My Photo
無料ブログはココログ

楽天


« beloved | Main | 美しい町 郡元町 »

May 21, 2017

光善寺

いい天気が毎日続いている。
しかし心の中は晴れない。

5月15日(月)
NHK BSプレミアム放送の「TOKYOディープ! 江戸の華 吉原ふたたび」(5月22日(月) 午前6時再放送)見た。
吉原に新しい風が…ということで、吉原をこよなく愛し吉原神社を訪れる「吉原女子」なる若い女性が増えているということが紹介されていた。吉原ソープ街と言えば客引きのボーイがいて男性でも歩きづらいイメージがあるのだが、そこに若い女性が訪ねてくるとは・・・。そんな吉原女子の間で話題になっている人気の怪しい遊廓専門の本屋「カストリ書房」店主の渡辺豪さんも登場。客の6割近くが女性とか。時代は変わったΣ( ̄ロ ̄lll)
空前の第二次赤線ブーム(遊廓ブーム)か!?

3月13日(月)に同じくNHK BSプレミアムで放送された「OSAKAディープ! 人生の交差点 西成」では水内俊雄さん、橋爪紳也さんの案内でかつての遊廓・飛田新地が紹介されていた(店看板はボカシ入り)。元アルサロアイノス斜め向いの飛田遊廓の壁や鯛よし百番も登場。一昔前であれば飛田新地がテレビで紹介されるなんてことは考えられないこと。井上理津子さんの『さいごの色街 飛田』(筑摩書房 2011年)やそれに続く杉坂圭介さんの『飛田で生きる 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白』(徳間書店 2012年)あたりがきっかけとなって今のオープンなブームにつながっているのであろう。そのうち鯛よし百番に集う「飛田女子」なるものが出てくるかもしれない。

5月16日(火)
晩、鎖骨の上あたりを触っていたら瘤状のでっぱりに気がついた。リンパ節腫脹かな?
そうであれば癌の転移の可能性が高い。最近体調が悪いのも説明がつく。
不安に襲われる。明日病院に電話しよう。

5月17日(水)
阪神百貨店で開催の「めんそーれ阪神の沖縄 味と技展」に行き買出し。
新しくなったフェスティバルシティにも初めて寄る。
家に帰った後、がんセンターに診察の予約変更の電話連絡をする。
次回診察は6月だったのを来週に早めてもらった感じ。
担当医の診察日は決まっているので、来週まで不安ではあるが仕方ない。

5月18日(木)
淀屋橋事務所。その後健康診断を受ける。

5月19日(金)
光善寺界隈をぶらぶら。
ピーカン。帽子の上にサンバイザーを装着して紫外線対策をする。

ずっと営業していないお店。何だったんだろう?

K1705191

何故にこんなところに「阪急庄内 天満座」の看板が置いてあるのかと前から疑問に思っていたが、よく見ると「Bee看板」(枚方市北中振)という看板屋さんの前であった。となると立てかけてある看板は使われなかったのかな。こちらの看板屋さんは十三ミュージック廃業後に復活した木川劇場の突出し看板やスタンド看板も作っていたのか。

K1705192

昔ながらのたたずまい「光善寺駅前デパート」。
近くのディスカウントストア「アラジン」が閉店した後もしぶとく生き残っている。
複数の店舗が入るマーケット形式の商業施設のようであるが、中の通りを覗いてみるとほとんど閉店している。

K1705193

かろうじてディスカウントショップ「ピロット」は営業中。

K1705194

京阪の線路をはさんで東側は細い入り組んだ路地にお寺なんかもあり散歩するのに適している。圓養寺(枚方市北中振)門前の路地風景が好き。

K1705195

加藤政洋さんの最新刊『モダン京都 〈遊楽〉の空間文化誌』(加藤政洋編  ナカニシヤ出版 2017年)読み終わった。

K1705211

以下メモだけ。

・「近代京都オーバーレイマップ」のレイヤーを「昭和26年頃京都市明細図(総合資料館版)」に設定して、本書を読みながら京都の街を地図の上でたどるのが楽しい。
・しかし、「席貸」と「貸席」について加藤さんは明確に使い分けていて違いも理解できるのだが、引用されている文献や資料では、貸席であったり席貸であったりと明確な使い分けはされていなくて毎度ながらすっきりしないヽ(´▽`)/
・「男はつらいよ」の寅さんの産みの母・お菊さんが経営していた温泉マーク(ラブホテル)も京都・安井だったような・・・。
・以前私が書いたもので吉井勇の歌碑「かにかくに祇園はこひし寝るときも枕の下を水のながるゝ」がある祇園白川の一帯を祇園乙部(祇園東)としていたが、祇園新地甲部の間違いであった。加藤さんも第11章で平野神社前の桜橋の西詰にあった元席貸「花の家(料理屋)」について絵図・地図を読み誤っておられるようです(加藤政洋さんのtwitterより)。
・夏目漱石が高浜虚子の京都での宿(萬屋)で見せた奇行が気になって虚子の「京都で会った漱石氏」を読んだ。
・第七章冒頭 小松左京のSF小説『日本沈没』から先斗町の納涼床の場面

« beloved | Main | 美しい町 郡元町 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32300/65311034

Listed below are links to weblogs that reference 光善寺:

« beloved | Main | 美しい町 郡元町 »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アヒルちゃん