My Photo
無料ブログはココログ

楽天


« 懐古小路 -タイルと路地風景- | Main | 天神ノ森・松原通・有楽町 »

June 17, 2017

天下茶屋

二つ前の記事で余命1年とか不吉なこと言ってすみませんでした。
がんは自分で治せると信じて頑張ります。
体調は良かったり悪かったりで不安定。
自然治癒力を高めるため、日々のウォクーキングはかかさないようにしている。

この暑い中、大阪の私娼窟めぐり第二弾で西成の方を歩いて来ました。

戦前の私娼窟リストである『業態者集團地域二關スル調(昭和8年・昭和9年・昭和13年・昭和14年)』(平成28年6月 カストリ出版より復刻)より西成に関するところを抜粋。

--------------------------------------------
昭和8年10月

南海本線岸之里附近 (15,45)
  西成区松原通
  同 有楽町
  同 千本通

昭和9年10月

南海本線岸之里附近 (10,20)
  西成区松原通
  同 有楽町
  同 千本通

昭和13年1月

天下茶屋 (10,25)
  大阪市西成区松原通、千本通
  同 住吉区天下茶屋、天神森

※括弧内の数字は、戸数、業態者数。
※備考欄に「上記所在地ヲ根據トセルモ常ニ居ヲ轉シ一ケ月以上固定セルモノナシ」とあり。
--------------------------------------------

ということで今回は、西成区の松原通、有楽町、千本通、天下茶屋、天神ノ森(旧町名)界隈を歩きます。
戦前の私娼窟なんていうものは現在では当然痕跡は残っていないし、昔あったとしても場所はわからないので、前回の四貫島編(その一その二その三)同様期待されても何も出てきません(;´Д`)
私好みの古い建物、カフェ建築、アパート、下宿屋、旅館などを求めてただぶらぶらと歩いてみよう!
歩くのに際して昭和35年の複製吉田地図を参考にしました。

恵美須町駅から阪堺電軌阪堺線に乗ります。
前回乗ったのはいつだったか記憶にない。
恵美須町駅には切符売り場がない!?
210円を後で払うというシステムでした。
いつも横を通るたび「これ駅?」と思っていた今池駅も停まった(^_^;)
駅の真下がホルモン焼き屋で左手の階段があるところが本当に駅なの、といつも疑問に思っていた場所。今池駅から走り出すと左手に飛田新地の大きな看板が見えた。

K1706091

北天下茶屋駅で下車。まずは天下茶屋を散策。
駅を聖天下側に降りるといきなりディープな商店街が広がる。

K1706092

2階の出窓のデザインがなんともいえない。

K1706093

喫茶店「コーヒールンバ」の入口は北天下茶屋駅のホームにある。

K1706094

「天友会」。線路を渡った反対側も商店街が続く。

K1706095

駅のすぐそばには舗装されていない砂利道の路地もあり、ラビリンスに迷いこんだ気分を味わえる。

K1706096

酒井潔の「大阪私娼記」(『日本歓楽郷案内』 昭和6年 竹酔書房 第八章)や三村徳蔵「大阪の私娼」(『犯罪科学』昭和5年10号)によると、昭和初期の大阪の私娼について次のようなことが書かれている。大阪には東京の玉の井や亀井戸のような大きな私娼窟はない(もっとも、場末の安料理屋や安っぽいカフェにいる女群の中には、秘かに売淫行為をする者もある)。大阪の私娼群といえば、ストリート・ガールか、高等淫売の二種類である。大阪の萩の茶屋か、天下茶屋、または岸の里近辺にはこの高等淫売がいる。客引きの手引きや紹介によって連れて行かれるのは旅館(高等淫売婦媒介を専門にする旅館)や広壮な邸宅などの媒介所である。天下茶屋にあるのは別名パラダイスと呼ばれた家で、邸内に広い庭園を持った豪華なものであった。萩の茶屋、天下茶屋、岸の里の三ヶ所では高等淫売なる私娼の数が約二百人、秘密の家が約三十軒位のものであろう、とのこと。

K1706097

「天友会」。阪堺電軌阪堺線の北天下茶屋駅から南海本線天下茶屋駅(地下鉄堺筋線天下茶屋駅)にかけて商店街が続いている。

K1706098

途中からアーケード付きの商店街に変わった。

K1706099

「喫茶軽食セブン」
隣のクリーニング屋と境に渋い「うだつ」が取り付けられている。

T1706091

商店街の途中で北側の北吉田町の路地にはいる。
あった!!「一冨士荘」
えんじと淡いピンクのタイル張り円柱。
玉の井や鳩の街にそのままありそう。

BEのぶさんのブログに何度か紹介されていて見たかった建物。
BEのぶさんのブログでちょっと思い出した。
西成区で一番好きだった建物が動物園前商店街のホテル旭の横を入った先に以前あった。華やかなタイル張りのアパート寿楽と旅館だるま。飛田新地界隈を訪れるたびにいつもこの場所に寄っては眺めていたものであるが、いつの間にか解体され今は見事に更地になっている。2006年の記事中に貼り付けている写真は、ガラケーのカメラで撮影していたためかあまり鮮明ではないのが残念。幸いなことにBEのぶさんが5年後の2011年の記事でこの建物を記録してくれている。

T1706092

昭和35年の地図でも「一冨士荘」なので、半世紀以上この状態が保たれているのであろう。

T1706093

北天下茶屋駅から松田町駅方面に北にあがったところにも店が並んでいる(聖天下)。

T1706094

「カラオケまるよし」の看板が道路の真ん中までせり出している?( ̄□ ̄;)

T1706095

反対側から眺める。

T1706096

まるよしの隣は、レトロな食料品店「すなお屋」。昭和ですねぇー。

T1706097

南神合町にやってきた。

T1706098

ここにもいい感じの町並みが残っている。

T1706099

昔の天下茶屋は現在の天下茶屋とはだいぶ区域が違っている。
カンカン照りの中路地の見落としがないように隈なく歩きまわるのは結構大変です(>ω<)

« 懐古小路 -タイルと路地風景- | Main | 天神ノ森・松原通・有楽町 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

阪堺線いいですね。
自分も住吉さんいくとき必ず利用します。

今池駅ですか。
西成警察署の隣でしたっけ、三角公園なんかいまどうなっていますかね。
なんか懐かしいな。

今日退院してきて返信遅れました。

阪堺線の超コンパクトな電車や駅のホームを見ると、京阪電車や大都市のJRを見慣れている目には異次元の世界に来たように感じます。

三角公園は全然変わっていませんね。

退院おめでとうございます。
なんかロザーナさんのためお祝いあげたいな。

掛川特産の葛湯とかくず湯お汁粉なんか。 (体が暖まりますよ)

なんかいい方法ないものか…gawk

退院といっても1回目の治療が終ったところで2週間後に2回目の治療でまた1週間入院します。

なのでお祝いとか気を使っていただかなくていいですよ。気持ちだけで嬉しいです。

掛川の姉が葛湯を時々送ってくれていたのは掛川の特産だったんですねcoldsweats01

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32300/65422402

Listed below are links to weblogs that reference 天下茶屋:

« 懐古小路 -タイルと路地風景- | Main | 天神ノ森・松原通・有楽町 »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アヒルちゃん