My Photo
無料ブログはココログ

楽天


« もっこす | Main | ああ海南のシャアゲイよ »

August 23, 2017

東の新地から井松原へ

灼熱の8月、朝方土砂降りの雨が降る中を和歌山県は海南市へ行く。

殿山泰司『三文役者のニッポンひとり旅』(1977年 白川書院)の中の「ああ海南のシャアゲイよ」の出だしは次のようにはじまる。。
「「海南? なんでオマエそんなとこへ行くねや」家を出ようとしたらババアがいう。「海南というとこにゃな、エエ芸者がウヨウヨいるときいたんや」「ヒン!! まアしっかり頑張ってきいや」との言葉をたまわった。まことに心地よい門出である。」

今時芸者がいるとは思えないので、海南新地の今を歩こうというわけである。
抗がん剤で治ることは期待できない。となると自分の意思で治す、自分の力で治すしかない。それにはひたすら歩くことである。

海南新地には西の新地と東の新地(東新地)の二つの歓楽街があった。
二新地とも表向きは芸妓中心の色街であったが、実際は他の多くの新地と同様遊廓と変わりがなかったのであろう。

JR天王寺駅から特急くろしおに乗って海南へ。海南駅に着いた頃には雨も止む。
まずは東の新地へ向う。
駅からほどなくして海南市日方のかどや食堂に到着。
左側に見える日方川に架かる「東橋」が「東の新地」の入口。
かどや食堂の同じ並びに芦原温泉という銭湯があり芸者さんもよく利用したという。

H1708181

山崎町二丁目に入ると遊廓であった頃の往時を偲ぶよすがもなく街は歯抜け状態だった。
残った建物にわずかながらその名残をとどめている。

H1708182

「つた家」

H1708183

「カラオケレモン」
二箇所の入口のあるモダンな縦長の建物。
アーチ型の窓と四箇所の照明器具がおしゃれ。

H1708184

紫色の入口が眩しい。

H1708185

ピカソ風の顔のイラストと「18才以上の方 女店員募集」の看板。

H1708186

あさがおが咲いている。
夏ですね。。。

H1708187

一本東側の通りは更地が多くなり寂しい状態になっていた。
手前にあった建物は幻のように消えてしまい空き地に。

H1708188

「つる家」があった場所の裏側の廃屋にあさがおが咲き誇る。

H1708189

「喜楽」撮りわすれた??
暑さのためかボーっと歩いていて何軒か見落としている気がしてきた(>_<)

K1708181

大正7年に西の新地(黒江新地)が開業。次いで大正13年に東の新地(東新地)が開業。検番を通して置屋から芸妓や酌婦を送り込む仕組みであったのであろうか。

K1708182

トタンと木造による建築。

K1708183

山崎町一丁目。「末廣」の屋号が残る。
奥の玄関の欄間にも「末廣」と彫り抜かれている。

K1708184

「末廣」遠景。

K1708185

紀勢本線沿いに慰霊の碑が残る。
空襲にあったという馬場町と山崎町だけ何故か日方から独立している。

「海南の空襲

 1945年(昭和20年)7月2日午後11時すぎ米軍機の空襲により日方地区の里ノ丁、馬場丁、山崎丁一帯は一瞬にして炎に包まれ、死者44名、負傷者100余名、住宅194戸の被害を受けました。
 戦災後、この近くに供養塔が建てられ、当時は供花と線香の煙が絶えなかったという。その後供養塔もいつしか無くなり、戦争という苦い経験も忘れ去られようとしています。
 よって、遺族、被災者、また市民が意を結集して、ここに慰霊碑を再建しました。謹みて犠牲者の御霊を慰め、過去の教訓を生かし恒久の平和を念願します。

 2002年(平成14年)7月

戦災者慰霊碑再建世話人会」

K1708186

東の新地をあとに日方川沿いを少し西へ井松原地区へ移動。
namaさんのTwitterで紹介されて気になっていた「スタンドミカド」発見。

K1708187

暗渠沿いのバラックスタンド。暗渠沿いというか暗渠の上に建っている。

K1708188

井松原には他にもスナック、バーがあり、「有楽園」なる看板があったのでここは有楽園と呼ばれていたのかと思ったが潰れたパチンコ屋だった(汗)。

K1708189

そろそろ西の新地へ向かいます。

« もっこす | Main | ああ海南のシャアゲイよ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

暑い日が続きますね。
大阪はいかがですか?

和歌山いいですね。 静岡の田舎だとホント毎日が単調でいやになりますよ。
和歌山は何年か前三重の湯の口温泉にいったついでに紀勢線で南海沿いに電車でぐるりと紀伊半島の海岸線電車で一日がかりで大阪までいったことがあります。 そのとき日がな一日ひたすら南側が海原がつづきがたごと電車に揺られて長い太平洋沿いの海岸線みていたこと記憶してます。

時々なんかひなびた温泉の看板あったりしてなぜかつげ義春のマンガを思わせる風情楽しみました。
田辺市の新地見ようかなと途中下車なんかして古美術店で和歌山岩瀬千塚古墳の勾玉なんか見て和歌山の旅堪能しました。


またあの日々に帰りたいsign01

平城山さん

昨日の朝方は大阪でも少しさわやかに感じました。しかし昼間はまだまだ暑いです。

今年の夏は掛川の姪っ子の赤ん坊を見に行く話もあったのですが入院で取りやめ。
温泉も副作用で出ている上半身の発疹の影響で行けずで、鬱屈した日を過ごしてました。
そこでぶらり一人旅で和歌山まで行ってきて気晴らしになりました。

ああー、北海道か沖縄に行きたい!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32300/65700477

Listed below are links to weblogs that reference 東の新地から井松原へ:

« もっこす | Main | ああ海南のシャアゲイよ »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アヒルちゃん