フォト
無料ブログはココログ

« 荷風文庫2 | トップページ | 短期入院 »

2018年8月15日 (水)

和田浩治特集

先月7月6日が和田浩治の三十三回忌でした。
昔のカセットテープを取り出してきて故人を偲ぶ。

テープの中身は1988年の和田浩治三回忌の際にNHK-FMで放送されていたもの。

「ひるの歌謡曲」(12:15~13:00) 海野景昭(うんのかげあき)

みなさんこんにちは。お元気でしょうか。海野景昭です。
今週の「ひるの歌謡曲」は思い出の歌手ということでお送りしております。
今日は和田浩治さんです。

和田浩治さんが映画スターとして芸能界に入ったのは昭和34年15歳の時だったといわれています。石原裕次郎さん、赤木圭一郎さん、小林旭さんらと一緒にダイヤモンドラインを結成して映画界を所狭しと活躍しました。その和田浩治さんが音楽の世界に入ったのは昭和45年『小さなあやまち』が最初でした。そしてその後は1年か2年に1曲というようにじっくりと時間をかけていかにも和田浩治さんらしい哀愁の漂う曲を送り出してきたのです。今日はそんな曲の中から一部は所属したレコード会社のご厚意で原盤から直接録音したテープでお届けいたします。では聞いていただきましょう。

1.小さなあやまち
2.久しぶりだね
3.男の酒
4.ふたり道
5.おもいやり
6.夢ストーリー
7.やさしさ
8.夜のめぐり逢い
9.恋ぼたる
10.つぶやき
11.なぐさめ

「つぶやき」「なぐさめ」「夢ストーリ」は名曲だと思う。

« 荷風文庫2 | トップページ | 短期入院 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうか、和田浩治さん、もう33回忌になるのですね。
小生、同年(学年違い)なので「六三制愚連隊」から、よく見てました。
最高傑作は「俺の故郷は大西部(ウエスタン)」でしょうね。
ビデオ(CD)あるのかなあ。

吉永小百合さんと同学年ですね。
「俺の故郷は大西部」は「有難や節・あゝ有難や有難や」とともにナンセンス・コメディとして小林信彦さんに高く評価された作品です。
ビデオは残念ながら販売してないみたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和田浩治特集:

« 荷風文庫2 | トップページ | 短期入院 »