My Photo
無料ブログはココログ

楽天


« 西成徜徉記(69) | Main | 荷風文庫2 »

August 13, 2018

野迫川温泉

世間ではお盆休み。
先週に続き近場の旅行。
奈良の野迫川温泉に一泊で行ってきました。

K1808111

途中、地元の農産物を販売している「ファーマーズマーケット やっちょん広場」(和歌山県橋本市)や「道の駅「柿の郷くどやま」に寄りながら、高野山に到着。
壇上伽藍、金剛峯寺、金剛三昧院と短時間だけ観光。

K1808112

高野山の街中を歩いていたら高野山では珍しいスナックの看板のある路地を発見した。

K1808113

古くからあるスナックどんぐり。
高野山では他に飲みに行くところが少ないので、ここは貴重なスナック。

K1808114

高野山を出てしばらく行くと、恐ろしく狭いぐねぐねの山道(酷道)が続く。ガードレールのない急カーブのところは車が落ちるんじゃないかという恐怖心がおこってくる。それに対向車が来たらどうすればいいのという感じだったが運よく対向車は一台も来ず宿泊のホテルに到着。

奥高野・野迫川温泉「ホテル のせ川」(奈良県吉野郡野迫川村北今西)。

車から降りると大阪の下界のねっとりした空気とは違い爽やかで涼しい。野迫川村は夏は涼しく冬は寒く雪が多い。ホテルの人によると、例年は涼しい夏も今年は猛暑の影響でここでも暑いとの話しでした。ホテルの近くにはキャンプ場やあまご放流釣場があって、日帰りの入浴客も多い。

K1808115

夕食はのせ川名物アマゴの塩焼きとカシキ鍋 (カモ肉・シシ肉・キジ肉)。
肉や野菜のだしが良く出た最後の雑炊がおいしかった。

K1808116

翌日の朝、朝食前に北今西の集落を散策。
右手の覆いが被せられている建物は旧・北今西小学校。
左手前は「民宿ひょたんや」。山菜料理と書いてあります。

K1808117

民宿はやってなさそうですね。

N1808111

少し歩いていくともう一軒民宿が見えてきた。

N1808112

「民宿 さかもと」の看板と入口付近。こちらも営業していなさそう。

N1808113

北今西の集落風景。左側の白い建物が「ホテル のせ川」。
この北今西の集落、住んでおられる家はまばらのようです。

野迫川村は近畿地方の市町村の中では一番人口が少なく、人口減少が急激に進んできていて過疎化・少子化が深刻。村内の各集落には小学校が存在していたのが、今はほとんどが廃校休校に追い込まれているとか。ネットを検索すると物好きな人もいて廃校めぐり・廃村めぐり(中津川・紫園)で野迫川村を訪れる人がいるようです。この過疎化が進む村の中でホテルのせ川さんの頑張りには頭が下がる思いがしました。

N1808114

民宿わきの坂道を登って振り返る。

野迫川村は高い山の谷間に集落が点在している。自然や緑も多く、古い民家の残る田舎の風景。また訪れたいと思う。だから残して欲しい思うのも都会の人のエゴなのかなぁ!?

N1808115

廃屋だろうか?

N1808116

急傾斜地に家が建っている。

N1808117

帰路、パワースポットの立里荒神社(たてりこうじんじゃ)に寄りました。
参道には木製の鳥居が頂上の本殿まで170基以上連続して並んでいる。

N1808118

荒神社は荒神岳の頂上にあり、高野山の奥社で日本三大荒神社の一つ。
御神木が拝殿の屋根を貫通している・・・。

短い夏の休みが終わった。
今週はがんセンター入院。
もう後が無い治療、頑張ろう!

« 西成徜徉記(69) | Main | 荷風文庫2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32300/67052468

Listed below are links to weblogs that reference 野迫川温泉:

« 西成徜徉記(69) | Main | 荷風文庫2 »

November 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アヒルちゃん