My Photo
無料ブログはココログ

楽天


スポーツ

January 05, 2009

ライスボウル

R0901031ライスボウルのビデオを見ました

アメフトシーズン終了です。NFLはまだあるけど・・・

100%関学が勝つと思ってた。100%電工が勝つと思ってた

それでも立命が勝ったw(゚o゚)w

立命ディフェンスのスピード・速さ

立命オフェンスラインの高度なブロッキングと電工のタックルミス

DL#57武知、DL#90久司、DB#12今西、DB#4町、
LB#53相馬、DB#13滝澤、LB#52海島、DE#92前田、
DL#30南、DE#48十亀、DB#43矢盛、DB#24毛利

あら、立命ディフェンスの選手の名前しか出てこない(´ρ`)

あれがヘイルメリーっていうのか

私も長くインパルスのファンでしたが、今年はアサヒプリティック戦、鹿島ディアーズ戦とインパルス側とは反対の逆サイドで応援してました。アサヒプリティックを応援しようっていうのがあって、インパルスの試合の観戦自体が減ってたかな。高田や長谷川、山中ら立命の選手が入ってきて、どことなくインパルスらしくない試合を見るのがおもしろくなかったから…。それでもどこかで気にはなってました。

あっ、QB#14河野君、1度だけプレーに出てきたけど、タイムアウトとっちゃって、高田に交替になりましたよね。残念でした。そのまま思いっきり走ってしまえば良かったのに・・・

4月までさびしすー!

また観劇ブログにもどろう(汗)

December 23, 2008

長居陸上競技場なのに甲子園ボウル

K0812210立命4年振り制覇

パナソニック電工杯 第63回 毎日甲子園ボウル in NAGAI
立命館大学 19-8 法政大学 2008年12月21日(日)13:00
於:大阪市長居陸上競技場 観衆:20,000人

社長さんはお忙しいんですね(~_~;)

横浜スタジアム、京セラドーム、長居と、お疲れ様。

K0812211

今年の観戦は立命側50ヤード上段これ以上ない絶好の観戦ポジション。

お客さんは、昨年に較べると寂しかったです(≧▽≦)

特別指定席の私の右側あたりはポッカリと大きく席が空いていまして、ひょっとしたらKG FIGHTERSの応援の方が席を押さえておられて、結局来なかったのかなと・・・とか考えてしまいましたよ。私なんかも今年はKGが100%勝つと予想してチケット買ってましたから(ToT)

K0812212

今日は、いつものKG応援時のドキドキ感はなかったけど、立命のバンガーズ叩いて応援しました(KGの紙のはりせんよりいいです)。第4Q、オプションQBとみえた法政のQB#1黒坂はボールを持って走るだけと思っていたら、WR#7本間にまさかのパスを決めた時、思わず拍手してしまって、かなり焦りました(笑)。

K0812213

第2Qの法政「あっちこっち」ロンリーセンターで、ダイレクトスナップが通用しなかったりと、 モーションの選手が大勢であっちこっちシフトを繰り返し入れてました。モーションは一人だけ出来ると思ってた。なんだか落ち着きがないように見えて仕方がない。

法政の選手達は、怪我なしの万全の状態で試合させてあげたかったなぁ~と・・・。

K0812214

立命の松田大司君のお顔は好きだなぁ。親近感がもてます。あのちょび髭がなかったけど、ちょっと気の弱いやさしそうな感じがしてすごく話しかけやすそう。威圧感があって近寄りがたいオーラを発している加納君や昨年の木下君とは違いますよね。今年立命が制覇できた理由の一つはこれかも。失礼(-ω-;) ライスボウル期待しています。前回のライスはKGOB対決。今回は立命OB対決。それはそれで楽しみ。JAPAN X BOWLで不発だった、高田-長谷川のホットラインが爆発しそうな予感が。。。

K0812215

今年のアメフト観戦終了です。

勝ち負けにこだわらず楽しんで観戦することを覚えたかな。どんなに不調な時があってもめげずに頑張ってた加納君から教えられたこともあった。その加納君は卒業なので、来年からのKG応援4年計画は、畑君の応援であります。

K0812216

December 14, 2008

オザキーー

X0812133X0812134阪急西宮ガーデンズを初めて見学してから、京セラドームへ移動。

西宮北口駅から阪急西宮ガーデンズの2Fまでエスカレータ付きの歩行者デッキが通じていまして、そこをゾロゾロと歩いていくわけですが、私は、駅の改札を出てからここの階段を地上に降りて、店沿いに歩いていくと、この辺からだふ屋のおばちゃんがいて、あそこに阪急西宮スタジアムが建っていて、なんて説明しても、同行者にはなんのことだかさっぱりわからなかったみたいで・・・ここでアメフトの試合が行なわれていたことも、そして私が足繁く通っていたことも。

'91年のシーズン、阪急西宮球場。最後2ポイント・コンバージョンを狙ったQB#12大矢のパスがレシーバの胸をはじいて失敗し同志社に13-14で負けたこと、そしてQB#5東村のパスが決まり関京戦3年振りのタッチダウンを京大からあげたこと、をついこの間のことのように思い出します。2002年11月24日(日)、阪急西宮スタジアムで行なわれた最後の関西学生リーグの試合(関学vs立命)には、鹿島ディアーズ・QB#10尾崎とパナソニック電工インパルス・QB#8高田がで出てたんですね(高田は1Qに負傷した)。

X0812138凱旋・尾崎。私は、ただのミーハーな尾崎ファンです。

同じくイケメンと言われる有馬や三原は好きになれないんだなぁ~

尾崎のサイン見つけた。

尾崎陽介 VS 高田鉄男
2001年 関学○ 10-6 ●立命 西宮スタジアム
2002年 関学● 14-48 ○立命 西宮スタジアム
2005年 鹿島● 0-3 ○電工 長居球技場
2006年 鹿島○ 13-6 ●電工 長居球技場
2008年 鹿島● 14-28 ○電工 京セラドーム大阪

X0812137パナソニックオフェンスは、「ショットガン・スプレッド」と「高田スクランブル」。鹿島オフェンスは、「ワンバック」「ショットガン」併用の「ボールコントロールオフェンス」。鹿島は相変わらず尾崎のパスに不安があるのかなぁ?KGも今年はRB陣が充実していただけに、セットバックからのボールコントロールオフェンスに徹していればよかったのにと、鹿島が14-0と幸先よくリードした時は思ったものでしたが・・・。第2Qからはパナソニックディフェンスが対応し始め、RB#29丸田、RB#38佐藤、RB#11曽根はロングゲインを奪えず、逆にパナソニックオフェンスは、神様TE#2霊山の好ブロックもあり、爆走RB#20石野のランとQB#8高田のスクランブルが止まらず。石野のランには神がかり的なものを感じました。逆に、WR#7長谷川の影が薄かったです。

しかし、大根役者・品○祐じゃなかった(~_~;)、高田鉄男の「女神フェイク」には参りました。パスの構えからパスを投げるふりをして、RB#20石野にボールを渡すようにみせかせ、一旦ボールを背中の後ろに隠して持っていて、そのままQB#8高田が走るQBスクランブル(キープ)でTD。トリッキーなプレーです。右手を挙げている時間が一瞬だったので「自由の女神(statue of liberty)」には見えなかったですけどね。

あっ、そうそう、RB#33粳田が第2Qに1プレー登場。QB#14河野君は第2Qに1プレー(中央ラン4ヤード)と第4Qの最後の2シリーズに登場。

直前まで鹿島側に行くか電工側にまわるか迷いましたが、いい席で生観戦でき大満足でした。

X0812136

来週は、甲子園ボウル。チケットあるので行きます。関西代表としての立命館大学を応援します。一日立命ファンになります(笑)。

December 13, 2008

JAPAN X BOWL in OSAKA

帰ってきたお

X0812131

ディアーズ側にいた僕

X0812132

疲れたので今日はもう寝ます

October 11, 2008

完敗

A081005110月5日のパナソニック電工インパルス vs アサヒプリテックゴールデンファイターズの前半メモ。

長居球技場。雨。バックスタンド、アサヒプリテック側で応援。応援席かなり寂しいんです。おなじみのお客さんの顔、チアリーダの女の子の顔覚えてきました。パナソニック電工戦楽しみにしてた#25岸原さんいなかった。やっぱり怪我なのでしょうか?怪我で欠場していたエースランニングバック#40亀川さんスタイルはしてました。

第1Q、アサヒプリテックの攻撃。QB#11松本ショットガン。RB#5小柳とRB#30須藤のランオプションですね。順調に進んでましたが、電工DB#12山田がインターセプトタッチダンラン。0-7。はぁ~~(ため息)、もう終わりなのかなぁ、頑張れ!ファイターズ。直後のキックオフ電工K#15小笠原、最初からオンサイドキックを狙いますが失敗。電工なめきっています。次のシリーズもアサヒプリテックは得点できずパント。今日はOL/K#79前川がパンターとしてキックしています。続く電工の攻撃、RB#20石野が独走タッチダウン。0-14。電工K#15小笠原またもやオンサイドキックしましたが2回連続の失敗(3回目のキックオフからは普通にキックしてました)。次のアサヒプリテックのオフェンスは、ロンリ-センターというトリッキーなプレー2回続けて出してきました。スナップの時センターだけ一人ぼっちになって、他のラインやWRはセンターから離れた位置にシフトしているのです。しかし、パナソニック電工の強力なディフェンスには全く通用しなかったですね。

そいうえば今日は電工もトリッキーなプレーやってました。昨年のライスボウルで関学がキックオフリターン時に出した『トリック』に似たプレー。「ボールをとったら、5人が集まって敵に背を向けてボールを回して誰がボールを持っているかわからない状態にして、一気にリターンする」(萬代晃平)というやつです。QB#8高田が攻撃時にWRやRBを集めて敵に背を向けてやってましたが、同じくうまくいかなかったようです。電工に入った萬代君の教示によるものなのかな?

アサヒプリテック、通用しないトリッキーなプレーはあきらめ、WR#10中林、TE#高橋へのパス、QBからのオプションビッチを交えながら攻め込んだものの、電工LB#10東にインターセプトされます。電工オフェンスは4thdownパントの構えからWR#3永富がボールを持ってスクランブル発進しそのままタッチダウン。0-21。第2Qには#40亀川がパンターとしていよいよ登場。次戦にはランニングバックとしての復帰がありそうな予感。電工はWR#7長谷川へのTDパス2度続けて通し、前半は0-33で終わりました。私は残念ながら翌日からの仕事の関係で前半で失礼させていただきました。

アサヒプリテックは、ショットガンからWR#10中林へのオプションピッチなどオプションプレーを出していたのが印象的でした。電工デフェンスの強力なプレッシャーを避けるためにまともにRBを突っ込ませるのは無理と見ていたのでしょうか。ショットガンからのパスではQB#11松本はよく持ちこたえているOLのポケットの中で落ち着いてよく投げているという印象ですが、相手は日本一の電工ディフェンス陣ですからねぇ・・・

いずれにせよ、電工はRB#20石野、WR#7長谷川、RB#33粳田、アサヒプリテックはRB#40亀川、WR#10中林、RB#25岸原という構図でもう一度対戦を実現させて欲しいというのが私の願いであります。書けなかったストーリーもあることですし・・・

そのためには残り2戦(アズワン戦10/18、SRC神戸戦11/3)絶対に頑張って下さい。

May 24, 2008

X pride

今年からアサヒプリテックゴールデンファイターズを応援することになった私は雨の中王子公園に行ってきました。

2008/05/24 第54回グリーンボールトーナメント 敗者交流戦
アサヒプリテックゴールデンファイターズ VS. アズワンブラックイーグルス

0-27で負けました。X2部から今年X昇格。やはりXの壁は厚かった。

A0805241

ファイターズの司令塔はQB#11松本。

4WRスプレッドショットガンで時折セットバックIフォーメーション。

QBの横にセットするランニングバックは#24神野、#25岸原、#40亀川の3人で回していて、#5小柳、#36玉田を交替でいれてました。

パスターケッドはWR#17前川の動きがよかったですね。

1Q最初の立ち上がり、QB#11がインターセプトされた以外は良かったんですけど、DL#90寺井さんが退場になってからは、ズルズルとなってしまったようで・・・

雨でパスが投げずらかったのか、ひたすらランでした。RB#25岸原さん、突っ込めど突っ込めどアズワンのDLの早い集まりに潰されてました。

徹底したボールコントロールオフェンスでロースコアに持ち込んで勝機をうかがという作戦なのかと思いましたが・・・、第3Q、スナップを後ろに逸らしてしまって(うしろに転がったボールをアズワンがエンドゾーン内で押さえた)アズワンにダッチダウンを献上してしまったのが痛かったです。これでチームの雰囲気がガクッときたというか意気消沈。もっと声を出そうよ、こういう時こそ気合を入れなおして元気よくやって欲しいですね。

まだ始まったばかり。これからもひそかに応援していますので頑張って下さい。

December 14, 2006

甲子園ボウルの想い出

Fightonいよいよ日曜日(17日)甲子園ボウルです。チケットも無事ゲット。レフト外野指定席のいい場所を確保する事ができました。鳥内監督が言うように、チケットは本当に売れてないんでしょうか?甲子園球場を同窓会にします、と言っていました。来年から2年間は甲子園球場が使えないそうです。私にとっとは6年振りの甲子園球場での甲子園ボウル観戦。法政大学との対戦。勝っても負けても楽しんできます。


Kosien881988年 関学3回生。86年、87年と2年続けて京大の東海に破れ、学内でのアメフト部への関心も冷めかけていた頃でした。しかし、私がアメフトに目覚めた87、88年の万博陸上での関京戦は異様に殺気だっていた記憶があります。第43回毎日甲子園ボウルはチケットを買っていながら見に行きませんでした(副券のついた前売り券が残っています)。日大はQB山田とRB山口のランランラン。「ゴールデン・ドラゴンフライ」と名付けられた日大ショットガン。関学はQB埜下、RB橋本の走りが冴えていました。35-28で負けましたが、点差以上に日大との実力差は大きかったです。

Kosien891989年 私も最終学年4回生となり、早々と就職も決まっていたため、関西学生リーグは全試合観戦に行きました。甲子園ボウル初観戦。点の取れない関学はリーグ戦では10点差以内の接戦続きながらもなんとか勝ち上がり、「奇跡」とか「関学マジック」とか言われました。私が甲子園で見た最初で最後の「赤」と「青」と対決。関学は、埜下のキックオフリターン、I、T、ビア、ウイッシュボーン、シングバック、ショットガン・・・と1プレーごとに隊形を変えて挑んだのですが。。。もし、仮に、あの竹口周のインターセプトリターンダッチダウンが、ファウルを取られなければとか、第3Q左にスクランブルしたQB埜下の前にぽっかりと広いスペースが出来た時、ノーマークのRB三木にパスを投げずに(パスは失敗した)、ランの得意な埜下がスクランブル発進していたら、試合はどうなっていたのかと思うのですが。とにかく、篠竹監督の言う日大「危機一髪」の状況があった事は確かです。試合はこのプレーを機に、場内アナウンスが「ウダガワクン、ウダガワクン、ウダガワクン…」「コバヤシクン、コバヤシクン、コバヤシクン…(小林君が何人かいたんですね)」になりまして、点差がつくと、関学側応援席もあきらめムードで日大のショットガン攻撃を楽しんでいる雰囲気でした。それだけ、この日の宇田川君のパスはすごかったの一言です。

Kosien911991年 前年関西リーグ6位という史上最悪の年から、リボーンKGを合言葉に復活を果たす。史上最高の4万5千人の観衆でふくれ上がった甲子園球場。阪神タイガースの試合よりお客さんが入ると言われました。試合は予想通り関学の楽勝ムードで進みました。専修大学の小さな特設スタンド、少ない専修応援客から聞こえる『♪ゴー・ゴー・グリーンマシンーズ』の応援の声が関学側の応援の声よりすごかったのです。楽勝ムードになった関学側応援客も『♪ゴー・ゴー・グリーンマシンーズ』『♪ゴー・ゴー・グリーンマシンーズ』をまねて一緒にやりだし、それが球場全体にこだまして異様に盛り上がりました。その関学の応援のせいかどうか、専修が反撃を開始し、終わってみれば25-20の僅差での関学の勝利でした。それでも関学にはまだ余裕がありました。QB東村は、インターセプトされにくい地上すれすれのいいパスを投げていましたよねぇ。芝原学君の愛のタッチダウンと、愛のスウィープパス失敗~「芝原君バカバカ事件」もありました。試合後、4万人以上の人と一緒に校歌『空の翼』を歌った時の感動は忘れられない思い出です。

1993年 芝キュー開眼。ライス制覇に最も近づいた男・芝原君は自信に満ちた表情でプレーをしていましたね。

Nawafune1997年 法政大学とのゲーム。「59秒の奇跡」。残り4秒、QB高橋「ダブルタイト、フライ、タケベで」。ホットライン、QB高橋からWR竹部への同点タッチダウンパス(K太田のキック失敗)。21対21。遡ること1984年、第39回甲子園ボウル。「青」と「赤」伝統の一戦。「奇跡」。残り時間4秒、捨て身のギャンブル、QB縄船からWR菅野へのTDパス(TFP、QB野村のスクランブル成功)。42対42。試合後、木谷監督は「神に祈りました。神に感謝しなければ…」と。写真は、帰ってきたツルツル頭の3年生QB縄船。「甲子園のレフト側エンドゾーンの左隅には関学の勝利の女神が宿っているのかもしれない」。歴史・奇跡というものは繰り返されるもの。今年も奇跡を再び・・・


12月10日(日) Xリーグ入れ替え戦(川崎球場)の結果
▽中地区 ルネサス26-0ブルザイズ東京
▽東地区 ロックブル10-0富士ゼロックス
(ルネサス、ロックブルは1部残留)
ブルザイズ東京は、X-X2CENTRAL入れ替え戦で、ルネサスに0-26で敗退し、昇格ならず・・・と思ったのですが、今シーズンはもう1回昇格のチャンスがあるそうです。次戦 2007年1月8日(祝) Xリーグ昇格戦 (大井第二球技場 12:00キックオフ)です(ブルザイズ東京ホームページより)。

ところで、EAST2位の富士ゼロックスクラブシャークスが何故入替え戦に出場しているのかと思ったら、イーストディビジョンでリーグ優勝したクラブハスキーズが入れ替え戦出場を辞退していたのですね。色々とチーム事情があるのでしょう。
それと、Xリーグ入れ替え戦で負けたもの同士がまた何故にXリーグ昇格戦をするのかと思ったら、セントラルディビジョンの日産スカイライナーズが今季限りで25年の歴史に終止符をうって廃部らしく、そのために試合が組まれるのでしょう。
いずれにせよ、来年1月8日は、えびすボウル(王子スタジアム)とともに今年度のアメフト最終戦です。ブルザイズ東京の勝利で終わりたいですね。

December 01, 2004

11/27(土) 長居球技場

_013.jpg
今日は11時30分いつものように泉の広場いずみのテラスで待ち合わせ。久し振りの再会。元気そうだった。でも私は無口だった。やっぱり彼女は私の事を全て見抜いていた。すごいなぁぁ~。11月25日が彼女の誕生日だった。今日、今自分に出来るさややかな誕生日プレゼントを渡せる事が出来てよかったと思っている。これからもお互い頑張ろうってね。。。
一時間程話をして慌てて長居球技場へ。バックススタンドを埋め尽くすKGファンの大観衆。私のオリジナルメガホン。Old KG。この前の京大戦では試合後校歌も歌わずに帰った事は反省しています。もし立命とのプレーオフになったら、勝っても負けても最後まで見届けようとと思っています。

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アヒルちゃん